介護現場で急増する「モンスターファミリー」への対応策とは?

近年、介護現場でも急増しているのが「モンスターファミリー」です。理不尽な要求でスタッフが疲弊し、退職者が相次いで人手不足になる施設や事業所もあるかもしれません。今回は、モンスターファミリーの特徴や対処方法について、事例を交えながらご紹介します。

モンスターファミリーとは?

「モンスターファミリー」とは、法律などによって明確な定義はされていませんが、介護現場において理不尽な要求などを繰り返す利用者の家族のことをいいます。

同じような言葉には、教育現場での「モンスターペアレント」や医療現場での「モンスターペイシェント」があります。どちらもモンスターファミリーと同様に、自己中心的な考えをもとに非常識な苦情や要望を突き付ける人に対して使われています。

モンスターファミリー増加の背景

モンスターファミリーが増加した背景には、介護を取り巻く環境の変化や、介護を利用する側に「お客様意識」が生じたことなどがあげられます。それぞれについてみていきましょう。

介護を取り巻く環境の変化

2000年に介護保険制度が創設されるまで、要介護状態の人が必要なサービスの種類や提供機関は、市町村が決めていました。そのため、利用者側も「お世話していただいている」という意識が強く、施設や職員スタッフの対応に不満や異義があっても、自分の希望を伝えるということはほとんどありませんでした。ところが、介護保険制度が始まり、自分でサービスを選び契約する方式へと変わったことで、それまでの介護を取り巻く環境が大きく変化しました。その結果、利用する側の意識も変貌していったのです。

主たる介護者の意識の変化

サービスの費用の1~3割が自己負担となったことで、福祉サービスの「利用者」というだけでなく「消費者」という側面が加わり、利用者側に「お客様意識」が生まれました。そこに、営利法人の介護事業参入が開始されたことで、お客様意識がさらに強まる結果となりました。というのも、営利法人の施設では「お客様第一」という考え方が施設全体に浸透していることが多く、「お金を払っているのだからやってもらって当たり前」という意識が利用者に生じやすい土壌となっているからです。

このように、強いお客様意識から、権利を拡大解釈することによってモンスター化が起こります。

さらに、いろいろな場所でモンスター化した人たちが話題になっていることも、介護の現場でモンスターファミリーが増えてきていることに影響している可能性があります。

モンスターファミリーの特徴

モンスターファミリーは、職員を信用せずに自分のやり方を押しつけるタイプと、お客様意識が強すぎて無理難題を要求してくるタイプに大きく分けられます。

前者の場合は、それまで1人で介護を担ってきたことから「きちんとした介護ができるのは私しかいない」という思いが強いようです。介護に熱心になりすぎるあまり、介護職員に「家族の代わり」を求め、過度な要求や細かすぎる指示へとエスカレートしてしまうのです。

後者の場合は、「利用者はお客様」という企業理念の施設に多くみられます。利用者や家族に「お客様なんだから何をしてもいい、なんでもやってもらえる」という意識が芽生え、小さな要求が徐々に大きくなったり、非常識なふるまいをするようになったりします。施設側が「利用者はお客様」という姿勢を強めることで、モンスターファミリーがいっそう増長することもあるでしょう。

モンスターファミリーの対応方法6つの鉄則

モンスターファミリーへの対応法には、6つの鉄則があります。以下の通り、順番に行うことが重要です。

  1. 静かに相手の話を聞く
  2. 可能な限り相手の気持ちに寄り添う
  3. 相手が話しているときには口を挟まない
  4. 理不尽なことには妥協しない姿勢を見せる
  5. 個人対応が難しければ組織で対応する
  6. 組織での対応でも解決しなければ警察を呼ぶ

このとき大切なのは、相手と同じ土俵に立たないことです。感情的になって相手の話を途中で遮ぎることや、正論を延々と述べることは、火に油を注ぐだけですので避けましょう。

また、謝罪をする場合には、ただ謝罪するだけではなく共感を示すことが大きな意味をもちます。謝り方によっては100%の非を認めたと解釈され、その後思わぬトラブルにつながることもありますので、何に対して謝罪をするのかについて明確にしておくことも忘れないようにしましょう。

傾聴の際に、あいづちを打ったりオウム返し法を上手に使ったりすると、相手の不満を和らげることができます。

利用者家族のモンスター化を防ぐことも大切

利用者家族のモンスター化は、職員との信頼関係がきちんと構築されていないことも原因のひとつです。ふだんから利用者の家族とコミュニケーションをとるよう心がけ、信頼関係を築くようにしましょう。いつもの何気ないできごとを家族に話すだけで、「きちんと見ていてくれる」と感じてもらえるものです。特に、報告される内容がポジティブなものであるほど、家族は心を開きやすくなります。モンスターファミリーに悩まされることがないよう、日ごろから利用者家族との信頼関係の構築に努めていきましょう。

 

参考:

関連記事

メルマガ登録

  個人情報保護方針はこちらをご確認ください