ゲーミフィケーションでやる気溢れる介護現場づくり~導入方法は?

介護の仕事には正解がないため、常により良い介護を提供できるようにと自己研磨が求められます。しかし、毎日同じことの繰り返しで仕事がマンネリ化している職場もあります。そのような職場だと刺激が少なく、職員のやる気もなかなか出ません。自己研磨の意識が生まれる可能性も低くなるため、介護の質の向上は難しくなります。

では、仕事がゲームのように楽しかったらどうでしょうか。仕事に対するモチベーションが上がり、自己研磨に励む人も多くなることも考えられるでしょう。やる気の溢れる職場に早変わりも夢ではありません。
とはいえ、「仕事がゲームのように楽しいなんてありえない」と思っていませんか? 実は、それを可能にしてくれる「ゲーミフィケーション」という考え方があります。

ゲーミフィケーションとは?

まずは、ゲーミフィケーションとはどのようなものなのか、簡単に見ていきましょう。

ゲームには「レベルアップ」や「コレクション」などのさまざまな仕組みが用いられており、人に「面白い」「楽しい」と感じさせ、ゲームに夢中にさせるようにできています。

ゲームのもつ娯楽的要素を、ゲームを目的としないサービスなどに取り込み、人を夢中にさせてものごとの効果を上げる手法は、2003年に「ゲーミフィケーション」と名付けられ、2010年代に普及していきました。

マーケティングの世界では、このような手法を用いることで顧客のモチベーションを高めたり、ロイヤリティを高めたりする成功事例が多く確認されています。

そして、ゲーミフィケーションはマーケティング業界のみならず、さまざまなところで導入されて効果を発揮しています。スウェーデンではスピード違反の抑制につながったという報告があります。また、近年よく目にするスタンプラリーも、ゲーミフィケーションの考え方が取り入れられているものです。

具体的な導入事例で効果のほどをチェック

それでは、ゲーミフィケーションの導入によって具体的にどの程度の効果が期待できるのか、事例から見てみましょう。

電気シェーバーで高いシェアを誇るBraunは、2015年に消費者が自らの髭を肥料に植物を育てるキットを用意しました。ただヒゲを剃って肥料として植物に与えるだけなのですが、ゲームに例えると、髭を剃ることは敵を倒す、植物が育つことは経験値や戦利品得るような感覚に例えることができます。つまり髭を剃ることをゲームにしてしまったわけです。

このキットの斬新さは話題を呼び、SNSやさまざまな媒体を通して大きな広告効果を生みました。約150万円程度の予算で、推定8,300万円相当の広告効果があったともいわれます。実際にその年の売り上げは、前年に比べて71%も向上しました。

大きな成果を上げることができたのは、SNSなどによる拡散力も影響していますが、髭を剃ることで植物の育成を楽しむことができるというゲーミフィケーションの考え方があったからこそ、製品の売り上げ向上につながったと考えられます。

介護の仕事に導入するためには

では、介護の現場にゲーミフィケーションの考え方を取り入れるためには、具体的にはどのようにすればいいのでしょうか。どのような現場でも簡単に行える方法を以下にご紹介しましょう。

1.データの数値化

どれだけ仕事をがんばったとしても、成果がはっきり見えなければやる気を奮い立たせることは難しくなります。そこでまず、さまざまな作業を数値化してみましょう。例えばおむつ交換にかかった時間、コールが鳴った回数など、無理のない範囲で、ありとあらゆるものの数値化を試みましょう。

2.以前のデータと見比べがしやすい工夫

次に、数値データは蓄積するだけではなく、以前のデータと比較できるようにしましょう。

例えば、データを入力する記録用紙の一部に、先月の平均データを記載しておくという手があります。そうすると、過去と現在の状況を容易に見比べることができ、日々成長を感じるきっかけを作りやすくなります。誰でも自分の進歩や成長を感じると、やる気が出るものです。

3.定期的な目標変更とご褒美で意欲を持続化

上記2つのステップで、ある程度ゲーミフィケーションの形はできあがります。しかし、ずっと同じことを繰り返していると、いずれ飽きがきてしまうでしょう。

それを防ぐために、定期的に新たな目標を立てるようにしましょう。さらに、目標を達成することができたら、例えばその部署全員に食事券や3,000円程度のプチボーナスなどがあると、ますますやる気アップにつながります。報奨制度の導入も検討してみるとよいでしょう。

自施設にあわせて試してみよう

ゲーミフィケーションは考え方ひとつで簡単に導入できます。導入にはほとんど大きなコストはかからず、思い立ったらすぐにでも取り掛かることができる点が大きな魅力です。

今回はゲーミフィケーションを介護現場に導入する方法をひとつご紹介しましたが、自身の施設に導入しやすいように工夫するとよいでしょう。

その際には「介護スタッフのがんばりが、数字などの形として見えるようにしていくこと」が成功へのコツです。さまざまなゲーミフィケーションを試して、やる気溢れる職場を作っていきましょう。


参考:

関連記事

メルマガ登録

  個人情報保護方針はこちらをご確認ください