記録を変えれば、介護が変わる! 業務改善ガイドブック

介護記録について、「業務だから書く」「決まりだから書く」という理由だけで取り組んでいませんか。そうではなく、「〇〇をするために記録する」といったように、介護記録を書く目的をはっきりさせることが必要です。この「〇〇」こそが業務課題です。目的を明確にすることで、職員の介護記録に対する意識付けになり介護記録を書くことへのモチベーションが高まります。同時に介護記録を見直すということは、介護業務そのものを改善することにつながります。

 本書では、ナースコールなどの機器メーカーであるアイホン株式会社が実施した、施設への訪問調査から明らかになった、介護記録による業務改善例をご紹介します。

 

目次(全8ページ)

  • はじめに
  • 記録業務の時間を短くしよう
  • 感想文ではなく介護記録を書けるようになろう
  • 複数の職種で共有できる介護記録を書こう
  • 介護記録を使って利用者のQOLを高めよう
  • 利用者と自分を守るための介護記録を残そう
  • まとめ 


資料のダウンロードはフォームからどうぞ!

資料ダウンロード

 

  • 資料をダウンロードされたお客様に対して、当社からご連絡させていただくことがあります。
  • お客様からいただく個人情報は、当社からの情報提供のために使用させていただきます。
  • ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですがお問い合わせからご連絡ください。
  • 利用目的の範囲内でお客様の個人情報を弊社グループ会社や委託業者が使用することがございます。
  • お客様は、お客様ご本人の個人情報について、開示、訂正、削除をご請求いただけます。個人情報に関するお問い合わせ窓口までお問い合わせください。
      個人情報に関するお問い合わせ窓口
  • お客様の個人情報の取扱全般に関する弊社の考え方をご覧になりたい方は、アイホン株式会社の個人情報保護方針のページをご覧ください。

関連記事

メルマガ登録

  個人情報保護方針はこちらをご確認ください